本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 福祉・高齢者 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(非課税世帯等10万円)について

ここから本文です。

更新日:2022年4月28日

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(非課税世帯等10万円)について

国の経済対策に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給事業を実施することになりました。

奄美市での手続きについては、本ホームページ等で随時お知らせいたします。

(よくある質問については、7.よくある質問(Q&A)から確認できます。)

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、原則として市役所窓口での申請受付は行っておりません。

1.給付対象世帯

次のいずれかに該当する世帯が対象になります。

(1)住民税非課税世帯

基準日(令和3年12月10日)において奄美市に住民登録があり、世帯全員の「令和3年度住民税均等割」が非課税である世帯

(2)家計急変世帯

申請時に奄美市に住民登録があり、令和3年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、上記(1)と同様の事情にあると認められる世帯

(受給するためには、世帯主から郵送での申請が必要です。「3.申請方式・開始時期>(2)家計急変世帯の方」にてご確認ください。)

 

[※](1)(2)いずれも住民税均等割が課税されている方の扶養親族等のみの世帯は除きます。

2.給付額

1世帯あたり10万円

3.申請方式・開始時期

(1)住民税非課税世帯の方

確認書送付時期について

奄美市から給付内容や確認事項が書かれた「給付金支給要件確認書」を郵送いたしますので、中身を確認してから、オンライン(もしくは郵送)により返信してください。

給付は、原則として世帯主名義の金融機関口座への振り込みとなります。

確認書郵送時期 対象と思われる世帯の世帯主宛に、令和4年2月10日(木曜日)郵送しました。
返信受付期間

令和4年5月9日(月曜日)までに必着
但し、可能な限り令和4年3月31日(木曜日)までにご返信願います。

期限内に返送が無い場合は、本給付金の支給を辞退したものとみなします。

振込時期 2月下旬から順次
(目安:市が確認書を受理してから、2週間程度)

 

本給付金に該当すると思われる世帯の方で、令和4年2月18日(金曜日)までに「確認書」が届かなかった場合は、下記のお問い合わせ先(0997-54-7100)までお問い合わせください。

臨時特別給付金封筒みほん

オンライン申請について

世帯主本人の振込口座(口座名義)に給付金の振込を希望する場合は、オンライン申請が利用できます。

オンライン申請の受付が正しく完了した場合は、「確認書」の返送は不要です。

次の場合はオンライン申請を利用できません
  • 代理人が確認・請求・受給する場合

上記に該当する場合は、「確認書」に必要事項を記入し、返信用封筒にて返送してください。

「対象世帯(住民税非課税世帯)のはずなのに書類が届いていないかも」という方

対象であっても、以下の方々には書類が届いていない可能性があります。

その場合は、臨時特別給付金室までお問い合わせいただくか、様式をダウンロード後、必要書類を添付のうえ、ご郵送ください。

  • 基準日(令和3年12月10日)以降に転出した世帯
  • 令和3年1月2日から基準日(令和3年12月10日)までの間に離婚した世帯
  • 基準日(令和3年12月10日)時点での転入届を済ませていない世帯
  • 奄美市に住民登録があっても、令和3年度の税情報が他市区町村にある世帯
  • 修正申告等により令和3年度市町村民税が非課税となった世帯
郵送先(提出先)

下記住所まで、郵送にてご提出ください

〒894-8555
奄美市名瀬幸町25番8号

奄美市役所名瀬総合支所

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金担当室

(2)家計急変世帯の方

給付金を受け取るには、申請時点に居住している市町村への申請が必要です。奄美市では令和4年3月7日(月曜日)から申請を受け付けます。

[※]新型コロナ感染拡大防止の観点から、原則郵送による申請書の配布と受付を行う予定にしておりますので、詳しくは下記のお問い合わせ先(0997-54-7100)までお問い合わせください。

必要書類

必要書類は、以下のとおりです。

  1. 様式第3号_臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)(PDF:186KB)
    (記入例)様式第3号_臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)(PDF:193KB)
  2. 申請・請求者の本人確認書類写し
  3. (令和3年1月1日以降、複数回市外で転居した方のみ)戸籍の附票写し
  4. 受け取り口座を確認できる書類の写し
  5. 別紙様式第3号_簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】(PDF:228KB)
    (記入例)別紙様式第3号_簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】(PDF:244KB)
  6. 「令和3年中の収入の見込額」又は「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し
    ※令和3年中の収入の見込額:源泉徴収票、確定申告書等
    ※任意の1か月の収入:給与明細等

様式は、ダウンロード後、印刷してご記入ください。

なお、申請書類は、

  • 奄美市社会福祉協議会
  • 奄美市役所名瀬総合支所(第2別館1階臨時特別給付金担当室、保護課、商工政策課)
  • 奄美市役所住用総合支所(市民福祉課)
  • 奄美市役所笠利総合支所(いきいき健康課)

の窓口でも配布しています。

郵送先(提出先)

下記住所まで、郵送にてご提出ください

〒894-8555
奄美市名瀬幸町25番8号

奄美市役所名瀬総合支所

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金担当室

申請受付期間・振込時期

申請受付期間

3月7日(月曜日)~令和4年9月30日(金曜日)必着

振込時期 3月下旬から順次

4.DV・ストーカー被害により奄美市へ避難されている方の申出の手続きについて

DV・ストーカー等で住所地以外に避難中の方も、本給付金をご自身が受給できる場合があります。

住所地の世帯が既に給付金を受け取っている場合でも、一定の要件(DV保護命令と収入要件)を満たせば、現在お住まいの市区町村から受給することが出来ます。

給付金を受給するためには、現在お住まいの市区町村での手続きが必要です。

詳しくは、下記リーフレットをご確認ください。

5.お問い合わせ先

奄美市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金担当室

  • 電話番号:0997-54-7100
  • 受付時間:9時00分~17時00分(土・日・祝日は除く)

内閣府令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター

  • 電話番号:0120-526-145
  • 受付時間:9時00分~20時00分(土・日・祝日は除く)

6.特殊詐欺にご注意!

本給付金を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の取得」にご注意ください。

不審な電話や郵便、訪問があった場合は、

  • 奄美市消費生活センター(0997-52-1111内線5264)
  • 奄美警察署(0997-53-0110)
  • 警察相談専用電話(#9110)

にご連絡ください。

7.よくある質問(Q&A)

奄美市にて多くお問い合わせいただいているご質問を掲載いたします。

このほか、内閣府ホームページでもよくある質問が掲載されています。

ア.本給付金全体

Q.給付対象世帯の定義は、住民票上の世帯という認識でよいですか。

その通りです。

Q.住民税非課税世帯向けの給付金を受け取って、さらに家計急変世帯向けの給付金も受け取ることは出来ますか。

住民税非課税世帯向けの給付金を受けた世帯の方を含む世帯は、家計急変世帯向けの給付金を受けることは出来ません(逆の場合も同様です)。

Q.生活保護を受けていますが、本給付金を受け取ることは可能ですか。

生活保護を受けている方も、本給付金を受け取ることは可能です(令和3年12月10日時点で保護停止中の方を除く)。

なお、一般的な取り扱いと同様、生活保護制度における世帯に関わらず、住民基本台帳により令和3年12月10日の世帯単位で課税状況を判定します。

[※]例えば、住民票における世帯が、世帯主(生活保護受給者、非課税)、子(課税)である場合、その世帯は住民税非課税世帯向けの給付対象とはなりません。

Q.生活保護を受けていますが、本給付金は収入認定されますか。

本給付金は、生活保護制度上、収入として認定しない取り扱いとなります。

Q.手続きは、窓口でもできますか。

窓口での申請は、原則、受け付けておりません。多くの方が手続きされることで窓口の混雑が予想されることから、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策のため、オンライン若しくは郵送によりお手続きください。

イ.住民税非課税世帯の方

Q.給付金はいつからもらえるのでしょうか。

対象世帯には、令和4年2月10日(木曜日)に世帯主宛へ確認書類を送付いたしました。

内容をご確認のうえ、オンライン(若しくは郵送)にて返信ください。

奄美市で受理後、2週間程度でお振込みいたします。

Q.オンライン申請とは何ですか。

住民税非課税世帯向けの給付金手続きでは、オンラインによる申請が可能です。

市が送付する確認書類に、オンライン申請用番号とQRコードが付いています。

QRコードをスマートフォン等で読み取り、専用サイトで必要事項を入力することで手続きが完了します。

Q.住民税非課税世帯向けの給付金対象となる世帯は、どのように判定するのですか。

具体的には、下記「1.」から「3.」のすべて満たす世帯について、支給対象となります。

  1. 基準日(令和3年12月10日)における住民登録がある世帯であること
  2. 「1.」の世帯に属するすべての世帯員が令和3年度住民税非課税であること
  3. 世帯員の全員が、住民税が課税されている者に扶養されている者からなる世帯ではないこと

[※]「3.」について、例えば、親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯や、子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)支給対象外となります。

Q.住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯は除くとありますが、当該非課税世帯の中に課税されている者の扶養親族ではないものが1人でも含まれていれば、支給対象となりますか。また、この取り扱いは生活保護世帯についても同様ですか。

世帯全員が、住民税が課されている他の親族等の扶養を受けている場合には、支給対象外となります。

生活保護世帯についても、同様に、世帯の全員が、住民税が課されている他の親族等の扶養を受けている場合には、支給対象外となります。

 

(例)世帯主Aと配偶者Bの高齢者夫婦のみ世帯(住民税非課税)の場合

  支給可否
1.ABともに子(課税)の扶養となっている

×

支給対象外

2.Aのみが子C(課税)の扶養となっている

 

支給対象

3.Aが子C(課税)、Bが子D(Bが扶養することで非課税)の扶養となっている

 

支給対象

Q.自分の世帯が非課税世帯かどうか知りたい。

非課税世帯で対象となる可能性がある世帯には、2月10日(木曜日)に、奄美市から「確認書」を送ります。
住民税が課税されている方には、令和3年6月に奄美市から「納税通知書」が送付されていますのでご確認ください。
なお、給与所得がある方は、令和3年5月ごろにお勤め先を通じて「税額通知書」が送付されていますのでご確認ください。
また、年金を受給されている方は、住民税が天引きされていないかどうか、年金振込通知書等にてご確認ください。

ウ.家計急変世帯の方

Q.非課税世帯並の収入とは、幾らですか。

奄美市の場合は、下表の金額が目安となります。(給与収入の場合)

扶養している親族の状況

非課税相当収入限度額

単身または扶養親族0名

93.0万円

1名を扶養している場合

137.8万円

2名を扶養している場合

168.3万円

3名を扶養している場合

209.9万円

4名を扶養している場合

249.9万円

障害者、未成年者、寡婦、一人親の場合

204.3万円

Q.非課税世帯並収入は、どういう計算で算出しますか。

令和3年1月から令和4年9月の間で、任意の1か月間の収入を年収に換算(12倍)します。

任意の1か月は、この期間内であれば、どの月を選定しても構いません。

Q.収入が減少したことが確認できる書類は、どういうものですか。

給与収入の場合は、給与明細書や給与支払証明書、源泉徴収票などです。

事業収入、不動産収入の場合は、帳簿などです

年金収入の場合は、年金振込通知書や公的年金の源泉徴収票などです。

Q.家計急変世帯の収入要件は、世帯員個人ごとに判定することになりますか。

世帯としての収入の合計ではなく、個々の世帯員全員が、それぞれ住民税非課税水準に相当すること収入であることを確認します。

8.関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部福祉政策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-2784

ページトップ