本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

郷土料理

奄美の代表的郷土料理は、鶏飯、豚骨料理、油ぞうめんの他、伊勢エビ、モズク、イノシシ、山羊料理など長寿の島ならではのパワーがたっぷり。黒糖、よもぎ餅、パパイヤ漬や粒ウニなども南の島ならではのおみやげです。

鶏飯(けいはん)

薩摩の役人をもてなした料理といわれる鶏飯。ほぐしたササミ・錦糸卵・シイタケ・ねぎやのりをのせて、地鶏のスープをかける。

伊勢エビ

活造りもよし、塩焼きもうまい。ダイナミックな南海の味。

山羊汁

夏バテや滋養強壮にと、昔からこの島で食べられてきた山羊汁。一日近くかけて、やわらかくした山羊の肉に冬瓜を加える。通は塩味、初めは味噌がおすすめ。

豚味噌

ソテツの実を入れて作った風味の高い味噌に、ゆでた豚肉をあえる贅沢な茶請け味噌。豚のほかにイカや魚、にがうり入り卵、ピーナッツなどを入れても美味。

豚骨

黒糖焼酎には、こんな脂っこいものがよく似合う。豚のぶつ切りを黒砂糖と黒糖焼酎、味噌等でこってり煮込む。

油ぞうめん

農繁期の家庭料理。ニラとダシだけで作る素朴なものや、野菜や肉などをたっぷり入れた豪勢なものまでいろいろ。

禁無断転載

協力/浜田太写真事務所

お問い合わせ

商工観光部紬観光課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1364

ページトップ