• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > まち・くらし > 生活環境 > ごみ・リサイクル > 台風による被災ゴミの取り扱いについて

ここから本文です。

更新日:2017年8月7日

台風による被災ゴミの取り扱いについて

  1. 原則、通常の家庭ごみとして指定日に排出してください。
  2. 床上浸水した場合のタタミ、粗大ゴミ、又は木等は、邪魔にならない空き地などに分別して置いておけば、後日、市で回収します。(その際、環境対策課、住用市民福祉課、笠利市民課へ被災ゴミ置き場所の連絡を入れること。)
  3. 直接、被災ゴミをクリーンセンターに持ち込む場合は、被災証明があれば、手数料が免除されます。
  4. 家電リサイクル製品(テレビ、冷蔵庫、クーラー、洗濯機、乾燥機)は、リサイクル料金が発生するため、個人でリサイクル処理してください。(クリーンセンターで処理できないため、被災ゴミ扱いできない。)

 ※事業所の被災ゴミについては、事業者、自らが処理することになっています。

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001