• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > まち・くらし > 自然環境 > 飼い猫の避妊・去勢手術支援事業

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

飼い猫の避妊・去勢手術支援事業

奄美市では、適正な飼養を促進し、捨て猫、野良猫の拡散を防止するため、飼い主に対し予算の範囲内において避妊・去勢手術費の一部を支援いたします。

避妊・去勢手術を行うことで、みだりな繁殖が抑制され、また、ねこ同士の喧嘩も少なくなることから、感染症の防除などにも繋がりますので、飼い主の皆さんはこの制度を利用して、責任ある飼養に務めましょう。

支援内容

下記のとおり飼い猫の避妊・去勢手術費に対し、その一部を支援いたします。

  • オス1頭につき5,000円
  • メス1頭につき10,000円

※なお、本事業は予算限度枠に達し次第、受付を終了いたしますので、ご了承願います。

支援の認定要件

飼い猫の避妊・去勢手術費の支援を受ける要件は、次のいずれにも該当すること。

飼い主の要件

  1. 奄美市内に居住している者
  2. 市税その他の本市に納付すべき債務を滞納してない者

飼い猫の要件

  1. 条例に基づき、奄美市に飼い猫登録されていること。
  2. 生後6か月以上であること。ただし、動物病院が手術可能と認めた場合はこの限りでない。

 

手続きの方法等

受付期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで(ただし、予算枠に達した場合は、その時点で終了といたします。)

窓口

  • 名瀬地区:環境対策課(名瀬総合支所2階)
  • 住用地区:市民福祉課(住用総合支所2階)
  • 笠利地区:市民課(笠利総合支所1階)

提出書類

手続きの流れ

申請書に必要事項を記入の上、

  1. 各総合支所の担当窓口に提出
  2. 税・上下水道等の担当課にて申請書確認・判定
  3. 市から飼主の方へ判定結果の通知
  4. 認定された飼い主の方は認定通知を持参して手術(飼い主の方は、手術代金から支援額を控除した残額をお支払いすることになります。)

支援を希望される方へ

書類の提出方法は、窓口への持参のみとなります。それ以外の書類提出はお受けできません。

予算枠の関係上、期間内でも申請受付をお断りさせていただく場合があります。受付の状況については、事前に担当課までお問い合わせください。

「奄美市飼い猫避妊・去勢手術支援事業実施要綱」(PDF:63KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001