• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > まち・くらし > 自然環境 > 世界自然遺産 > 世界自然遺産について

ここから本文です。

更新日:2017年1月23日

世界自然遺産について

金作原原生林

世界自然遺産登録へ向けて

世界自然遺産について現状やスケジュール等をお知らせいたします。皆様方の奄美・琉球の世界自然遺産登録へ向けてご理解とご協力をお願いいたします。

世界遺産とは

世界遺産とは、1972年(昭和47年)に採択された「世界遺産条約」に基づいて、国連教育科学文化機関(UNESCO)の「世界遺産一覧表リスト」に記載登録された遺産のことで、国家や民族を超えて人類が共有し、次世代に受け継いでいくべき価値をもつ遺産を対象としています。
世界遺産には、自然遺産、文化遺産、複合遺産の3種類があります。

世界自然遺産登録へ向けた最短でのスケジュール

  1. マングローブの森平成25年1月
    ユネスコ世界遺産センターへ暫定リスト記載のために必要な書類の提出
  2. 平成29年1月
    ユネスコ世界遺産センターへ推薦書の提出
  3. 平成29年春ごろ
    国立公園等の保護地域指定
  4. 平成29年夏ごろ
    IUCN(国際保護連合)による現地調査
  5. 平成30年6月から7月
    世界遺産委員会の審査(登録の可否決定)
  6. 平成30年世界遺産委員会終了後
    世界遺産リストへ記載(世界自然遺産登録)

国・県・市・奄美群島広域事務組合の取組み(詳細は、下記の添付ファイルをご覧ください)

世界自然遺産登録に向けて、国、県、市、奄美群島広域事務組合は、課題解消のため様々な取組を行ない、先人が残してくれた貴重な宝としての自然(豊かな山や海)を保護しながら未来の子供たちへ残し、あわせて、持続的な観光振興にもつなげていきたいと考えています。

市民のみなさまへ(お願い)

現在、奄美群島において世界自然遺産へ向けて様々な施策を展開しています。
奄美大島本島内5市町村では、飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例を平成23年10月1日付けで施行いたしました。
世界自然遺産を目指している大島本島内での広域的な取組みの一つとして、住民の動物愛護への意識を高めるとともに飼い猫の野生化及び放し飼いによるアマミノクロウサギその他の野生生物への被害を防止したいと考えています。
また、奄美市においては、ポイ捨て等防止条例を平成24年4月1日から施行し、清潔で美しいまちづくりへの協力と環境美化に対する意識啓発に取り組んでいます。
更に、生活環境の向上並びに自然環境及び生態系の保全を図る事を目的に諸々の施策を行っておりますので、市民のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

詳細につきましては、添付ファイル(世界自然遺産について)(PDF:362KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001