本文へスキップします。

総合トップ > 観光・産業 > 商工業 > 中心市街地の活性化 > 店舗リフォーム補助制度

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

店舗リフォーム補助制度

本制度では、中心市街地の活性化を図るため、新規出店者や既存店舗のリフォーム工事に対して補助を行う制度です。
随時申請を受け付けておりますが、予算が無くなり次第、受付を終了しますので、申請を予定されている方は、早めのご相談をよろしくお願いします。

補助対象者

補助対象者は、中心市街地内において、既存または新規に事業を行う小規模事業者です。

補助金申請に当たって必要な書類

補助金の申請をする際は、下記の提出書類を提出いただく必要があります。なお、提出につきましては、リフォーム工事を着工する前に提出をお願いします。

補助対象者の要件

補助対象者は、次の要件を全て満たす事業者です。

  1. 常時雇用する従業者が5人以下(パート・家族従業員は除く)の事業者
  2. 営業時間が午前10時から午後9時までの間に6時間以上営業を行う事業者
  3. 1週間当たりの平均営業日が、5日以上営業する事業者

なお、次の要件に該当する場合は、補助を受けることができません。

  1. 事務所として使用するためのリフォーム工事
  2. 風俗営業法に該当する事業を行うためのリフォーム工事
  3. 市税の滞納がある事業者
  4. これまでに店舗リフォーム補助金の交付を受けたことがある者

補助率及び補助限度額

リフォーム費用の2分の1(限度額50万円)

(※)特例として、区画整理事業区域内の店舗は3分の2(上限80万円)

補助の対象となるリフォーム工事

補助の対象となるリフォーム工事は、次の要件を全て満たす工事となります。

  • 中心市街地内で新規又は既存事業者が実施する店舗に対するリフォーム工事
  • 市内業者が実施する10万円以上の工事(設備・備品等については対象外)

実績報告に当たって必要な書類

リフォーム工事が終了しましたら、工事終了後30日以内に下記書類を提出いただく必要があります。

  1. 実績報告書(第5号様式)
    実績報告書(PDF:90KB)
    実績報告書(ワード:44KB)
  2. 工事代金領収証(工事内訳入り)
  3. 工事終了後の写真(外観及び工事実施箇所)
  4. 建築基準法の確認済証(該当する場合のみ)
  5. 補助金交付請求書(第7号様式)補助金交付請求書(PDF:62KB)補助金交付請求書(ワード:35KB)
  6. 振込先通帳の写し

注意事項

リフォーム補助制度を受けるにあたり、注意点があります。

  • 補助金交付決定後、工事内容に変更がある場合は、変更交付申請書の提出が必要となります。
    変更交付申請書(PDF:87KB)
    変更交付申請書(ワード:41KB)
  • 予算が無くなり次第、受付を終了いたします。
  • リフォーム工事終了後、1年以内に営業を中止した場合は、補助金の返還を求める場合があります

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光部商工情報課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1359

ページトップ