本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 生活環境 > 地上デジタル放送について

ここから本文です。

更新日:2016年2月10日

地上デジタル放送について

地上デジタルテレビ放送への完全移行

地上アナログテレビ放送は、平成23年7月24日に終了し、地上デジタルテレビ放送(地デジ)へ完全移行しました。

地デジを受信するため、国などにより「受信機器購入等の支援」や「受信相談・受信調査」といった支援制度が設けられています。詳しくは「総務省 地上デジタルテレビ放送のご案内」にてご確認になれます。

総務省 地上デジタルテレビ放送のご案内 主な支援策 (外部リンク)

新たな難視地区への支援策

地上アナログテレビ放送は個別受信アンテナで受信可能であった地域が、山間地等地理的な要因により、地デジが個別受信アンテナで受信できなくなった地域を「新たな難視地区」といいます。

この新たな難視地区において、地デジの受信を目的として次の対策を行う場合に、その費用の一部に対して、国等による補助・助成があります。

また、地デジ化を支援する「デジサポ」では、新たな難視地区におけるこれら (1)~(3) の受信対策をが円滑に進められるよう、対策工事を行う受信者の方々に対して、技術支援を行っております。

受信対策

補助対象

補助率

(1) 共聴施設の新設工事 受信点設備、幹線設備の設置費等

3分の2(ただし、1kmを超える伝送路整備は10分の10)

(2) 高性能等アンテナの設置 高性能等アンテナの設置に必要な経費等

3分の2(ただし、敷地外の伝送路整備は10分の10)

(3) ケーブルテレビ等への移行 ケーブルテレビ等への加入に必要な経費

定額(上限 3万円:事業費から3万5千円を除いた額)

 

 

地デジ難視対策衛星放送(セーフティネット)について

地デジ難視対策衛星放送とは、地上アナログテレビ放送の終了にともない、地上デジタルテレビ放送が送り届けられない地区にお住まいの方に、テレビ放送を視聴いただけるように、暫定的に衛星放送を利用して地上デジタルテレビ放送をご覧いただくもので、この放送を視聴できるのは「地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)」に登録された地区にお住まいの方に限定されます。

地デジ難視対策衛星放送(セーフティネット)は平成27年3月末を持って終了いたしました。詳しくは「総務省 地デジ難視対策衛星放送等の終了」にてご確認になれます。

総務省 地デジ難視対策衛星放送等の終了(外部リンク)

お問い合わせ

商工観光部商工情報課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1359

ページトップ