本文へスキップします。

総合トップ > 市政情報 > 統計 > オープンデータ

ここから本文です。

更新日:2020年1月31日

オープンデータ

オープンデータとは

オープンデータとは、国、地方公共団体及び事業者が保有する官民データのうち、誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれにも該当する形で公開されたデータを指します。

  • 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  • 機械判読に適したもの
  • 無償で利用できるもの

オープンデータ活用の意義

国においては、公共データの活用を促進する意義・目的を以下のとおり整理しています。

  • 国民参加・官民協働の推進を通じた諸課題の解決、経済の活性化
  • 行政の高度化・効率化
  • 透明性・信頼性の向上

奄美市オープンデータカタログサイトについて

奄美市では、オープンデータの利活用推進やシステムの運用コストの低減を図るため、公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)が提供するBODIK ODCS(共同利用型オープンデータカタログサイト)を利用して、データを公開しております。

今後は、こちらのサイトにオープンデータを随時公開していきます。

お問い合わせ

総務部企画調整課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001

ページトップ