本文へスキップします。

総合トップ > 観光・産業 > 商工業 > 経営支援 > 奄美市新型コロナウイルス感染症対策利子補給制度

ここから本文です。

更新日:2021年10月11日

奄美市新型コロナウイルス感染症対策利子補給制度

目的

新型コロナウイルス感染症により経営に大きな影響を受けている中小企業者及び組合等が経営の安定化のために借り入れた資金について、予算の範囲内において利子を補給し、金利負担の軽減を図ります

制度概要

対象者

奄美市内で事業を営んでいる中小企業者等で、新型コロナウイルスの影響により経営に支障を来している者(売上減少要件あり)

対象資金

中小企業者等が経営安定化のため借り入れた設備資金または運転資金

対象金融機関

奄美群島内に本店又は支店等を持つ次の金融機関

  • 鹿児島銀行
  • 南日本銀行
  • 奄美大島信用金庫
  • 奄美信用組合
  • あまみ農業協同組合
  • 独立行政法人奄美群島振興開発基金

対象期間

令和3年4月1日以降に借入申込を行い、令和4年3月31日までに実行されたもの

貸付限度額

1事業者あたり4,000万円まで

利子補給率

年率2.0%以内

利子補給期間

融資実行日から3年間

その他

  • 据置期間は最大3年間
  • 対象資金は金融機関の単独融資のみ(保証付融資は対象外)
  • 同一の金融機関からに限り借換を認める
  • 本制度の要件とは別に、金融機関による融資の審査があります。審査内容によっては、希望に添えない場合があります。

対象者の認定要件

奄美市内で事業を営んでいる創業3か月以上の中小企業者等で、新型コロナウイルス感染症の影響により経営に支障を来していて、かつ、以下のいずれかの要件を満たすもの

  1. 最近1か月の売上高等が前々年同月比で5%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前々年同期比で5%以上減少することが見込まれること
  2. 最近3か月間の売上高等が前々年同期比で5%以上減少していること
  3. 最近1か月の売上高等が最近1か月を含む最近3か月間の平均売上高等と比較して5%以上減少していること
  4. 最近1か月の売上高等が令和元年12月の売上高等と比較して5%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年12月の売上高等の3倍と比較して5%以上減少が見込まれること
  5. 最近1か月の売上高等が令和元年10月から12月までの平均売上高等と比較して5%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年10月から12月までの売上高等と比較して5%以上減少が見込まれること
  6. (農林漁業者)新型コロナの影響を受けた、又は受ける見込みの決算期の売上が新型コロナの影響等を受けていない決算期(平成29年から令和元年までのいずれかの決算期とする)の売上と比較して5%以上減少が見込まれること
 
 

お問い合わせ

商工観光情報部商工政策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1359

ページトップ