• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める

ここから本文です。

更新日:2015年12月22日

奄美博物館紹介

奄美は、古くから日本本土と中国、東南アジアとの接点にあり、独特の文化圏を形成してきました。小さな島嶼地域でありながら、その歴史は琉球に属したり、薩摩藩に組み入れられたり、アメリカ軍政下におかれるなどきわめて変化に富んだ歴史を有しています。特に言語・風俗・信仰等は、日本の古代文化との深いつながりを保持しているのではないかといわれ、学問的にも貴重な地域として注目されています。また、自然の分野においても貴重な野生生物が多く、南限種・北限種・固有種が非常に多い地域として注目されており、世界自然遺産登録を目指しております。

このように人文科学・自然科学の分野からも重要な位置を占め、これらの資料を調査研究・収集保存し、情報として発信する役割を担う施設の必要性が高まり、1987年(昭和62年)7月1日に奄美歴史民俗資料館として開館し、1990年(平成2年)7月1日名瀬市立奄美博物館、2006年(平成18年)3月20日奄美市立奄美博物館と名称を変更し、現在にいたっています。

奄美博物館は「黒潮の流れに生きる」を展示の基本テーマとして、導入展示(1階)・人文系展示(2階)・自然科学系展示(3階)・野外展示・企画展示を柱としています。また、これらの展示活動とともに講演会等の開催及び各種講座を実施し、積極的に館外活動を行い、学校・社会教育との連携を図り、市民一般はもちろん、奄美を訪れる人々に対し、内容の濃い情報を発信するよう努めてまいりたいと思っています。

利用案内


名称:奄美市立奄美博物館
住所:奄美市名瀬長浜町517番地
電話:0997-54-1210
FAX:0997-53-6206
開館:昭和62年7月

開館時間

午前9時~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日:第3月曜日、年末年始(12月28日~1月1日)

観覧料金

区分

個人

団体
(20名以上1名につき)

常設展示観覧

一般

300円

210円

高校生・大学生

150円

100円

小中学生

100円

50円

企画展示観覧

1,000円の範囲で別に定める

観覧料の減免

  • 障がい者の方およびその付添人1名が利用する場合。
    受付にて「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者手帳」等をご提示いただくと観覧料が無料となります。
  • 奄美市内小学校の児童もしくは中学校の生徒またはそれらの引率者が、授業や遠足など学習活動の一環として利用する場合。
    事前に観覧料減免申請書を奄美博物館へご提出ください。(学習活動の内容確認ができる書類(計画書など)も合わせてご提出ください。)

展示

交通アクセス

長浜町バス停より徒歩3分

名瀬新港より徒歩15分、車で5分

市役所より徒歩30分、車で10分

奄美空港より車で1時間

駐車場120台収容可

お問い合わせ

教育委員会文化財課

894-0036 奄美市名瀬長浜町517

電話番号:0997-54-1210

ファックス:0997-53-6206