• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

ごみの分別・収集

市内の異なる地区へ転居(名瀬・住用・笠利の間での異動)をされた方や、市外から転入された方は、地区別の分別区分に従ってごみを出してください。

ごみの分別については、大島地区衛生組合発行のごみ分別大辞典もご参照ください。(別ウィンドウで開きます)(外部リンク)

不法投棄の防止について
(ごみの不法投棄は犯罪で、罰則が科せられます!詳しくはリンク先をご確認ください。)

 名瀬地区

もやせるごみ、もやせないごみについて

  1. ごみステーションに朝8時30分までに出してください。
  2. 袋は指定の袋に入れてください。(もやせるごみは黄色。もやせないごみは青色)
  3. 旧ごみ袋で出すときには、処理手数料納入済シールを貼って出してください。

処理手数料納入済シール(大)

処理手数料納入済シール(小)

シール大

シール小

 

収集日について

月曜日・木曜日が収集日の地区

朝戸

朝日町

芦花部

有良

安勝町

伊津部勝

浦上

浦上町

春日町

金久町

久里町

小浜町

小湊

幸町

崎原

大熊

大熊町

知名瀬

永田町

長浜町

名瀬勝

西田

西仲勝

根瀬部

鳩浜町

浜里町

平田町

前勝

柳町

火曜日・金曜日が収集日の地区

朝仁

朝仁新町

朝仁町

有屋町

石橋町

伊津部町

井根町

入舟町

小宿

小俣町

佐大熊町

塩浜町

末広町

仲勝

仲勝町

平松町

古田町

真名津町

港町

矢之脇町

和光町

平成29年度のごみ出しカレンダーもご参照ください。

資源物について

スプレー缶・カセットボンベについて

粗大ごみについて

  • 奄美市では、粗大ごみの収集は行っておりません。粗大ごみの収集、一般廃棄物収集運搬許可業者が有料で運搬しています。運搬にかかる料金等につきましては、各業者へお問い合わせください。

一般廃棄物収集運搬許可業者一覧名簿(PDF:164KB)

自動車リサイクルについて

  • 奄美市では、公益財団法人自動車リサイクル促進センターの離島対策支援事業を活用し、廃車する場合の海上輸送費の8割を補助しております。

対象となる車両について

  • 自動車リサイクル法の対象となる車両
  • トラック・バスなどの大型車、特種車両(8ナンバー車)、ナンバープレートの付いていない構内車両、私有地等で倉庫として利用されている車両も対象

対象外となる車両について

  • 被けん引車、二輪車(原動機付自転車、側車付のものを含む)
  • 大型特殊自動車、小型特殊自動車
  • その他(農業・林業機械、スノーモビル、公道を走らないレース用自動車、自衛隊の
    装甲車等)

補助金の交付対象について

  • 最終所有者自らが海上輸送を行った車の補助申請は、引取証明書の引取日と海上輸送日との間が6日間以内であること
  • 関連事業者が海上輸送を行った車の補助申請は、引取証明書の引取日と海上輸送日との間が200日間以内であること

補助金の交付申請について

  • 海上輸送を行った日から2か月以内に申請すること

提出書類について

  1. 使用済自動車等海上輸送費補助金交付申請書(RTF:18KB)
  2. 離島対策支援事業協力資金出えん申請個別実施明細書(RTF:126KB)
  3. 使用済自動車等ごとの海上輸送経費を証明する書類
  4. 引取証明書その他引渡先の関連事業者が使用済自動車等を引き取ったことを証明する書類
  5. 申請者名義の通帳

 

家電リサイクルについて

下記の家電4品目は、家電リサイクル法により、リサイクルすることが義務づけられており、消費者はその際にかかる「収集運搬料金」 と 「再商品化等料金(リサイクル料金)」 を負担するように定められています。

家電4品目(業務用は対象外となります)

 1.エアコン(ユニット型)

 2.テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ式のものに限る)

 3.冷蔵庫・冷凍庫

 4.洗濯機・衣類乾燥機

また、販売店は

 (1)自ら過去に販売した家電4品目の引き取りを求められた

 (2)買い替えで同種の家電4品目が廃棄となり、引き取りを求められた

場合に引き取らなければならない 「引き取り義務」 が定められています。

リサイクルの方法について

市では収集しませんので、買い替えの際の販売店や過去に購入した販売店、または下記表1のお店に収集運搬を直接依頼してください。

引き取り義務」 以外の家電4品目について

表1の各店舗は、家電4品目をその店舗で購入していなくても、排出者からの求めに応じて引き取りを行います。収集運搬料金は、排出者から指定引取場所(鹿児島県本土)までの料金となります。各店舗によって料金が異なりますので、直接お店にお尋ねください。

リサイクル料金は、製造メーカー等により異なりますので、詳しくは (一財)家電製品協会 家電リサイクル券センター のホームページ(外部リンク)にて ご確認ください。


表1.市内家電リサイクル取扱店

店名 住所 電話番号
(有)大川家具 奄美市名瀬長浜町19-1 52-0452
(株)東通 奄美市名瀬有屋町3-1 52-8030
ヤマダ電機  奄美市名瀬大字大熊字鳩浜1320-1 54-7855
(有)コスモワーク 奄美市名瀬平松町150 53-7310

※この表の4店舗は、離島対策事業の対象店舗です。

※リサイクル券を必ず発行することになっていますので、忘れずにお受け取りください。

離島対策事業について

家電を処分する方の負担軽減のため、 下記表2のとおり、「収集運搬料金」 のうち鹿児島県本土までの 「海上輸送料金」 については、 (一財)家電製品協会の離島対策事業により、一部軽減されます。 なお、料金郵便局振替方式は対象外となります。


実施期間

平成29年1月~平成29年12月


表2.家電リサイクル法の対象となる家電4品目と海上輸送料金の軽減額 

家電品目 軽減額
ユニット型エアコン 790円
テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ式に限る) 360円
冷蔵庫・冷凍庫 800円
洗濯機・衣類乾燥機 790円

※上記表2の軽減額をあらかじめ差し引いた金額が、「収集運搬料金」として請求されます。

 

経済産業省において、家電リサイクルについてアニメ等で分かりやすく解説している特設ページを設けていますので、参考にされてください。

家電リサイクルバナー(外部リンク)

パソコンリサイクルについて

  • 使用済みとなったパソコンは、「資源の有効な利用の促進に関する法律」により、製造メーカー等が自主回収及びリサイクルを行うよう決められており、廃棄する際はメーカー等に申し込んで引き取ってもらう必要があります。
  • 申し込み方法や料金等については、パソコン3R推進協会(www.pc3r.jp(外部リンク))のホームページにて確認することができます。

充電式電池について

  • 資源有効利用促進法では、小形充電式電池の回収・再資源化が義務づけられています。
  • 充電式電池とは、充電して繰り返し使用できる電池のことで、ビデオカメラや携帯ゲーム機などの製品で使われています。
  • これらの充電式電池には、希少金属が使われており、回収・リサイクルすることが必要となります。

充電式電池の確認方法について

  • リサイクルの対象となる充電式電池には、スリーアローマークというリサイクルマークが表示されています。

充電式電池マーク

奄美市内のリサイクル協力店について

  • 一般財団法人JBRCでは、市内のリサイクル協力店を案内しています。
  • リサイクル協力店に引取りを依頼するか各支所の担当窓口に設置されている回収ボックスに入れてください。

奄美市内のリサイクル協力店一覧(PDF:51KB)

ページ上部へ戻る


 住用地区

ごみの出し方について

(PDF:286KB)

ページ上部へ戻る

 笠利地区

ごみの出し方について

笠利ごみ(PDF:834KB)

 

ページ上部へ戻る

クリーンセンターへの直接持ち込みの搬入手数料はリンク先の名瀬クリーンセンター公式ホームページをご覧ください。
→名瀬クリーンセンター(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001