• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > まち・くらし > 生活環境 > ごみ・リサイクル > 不法投棄の防止について

ここから本文です。

更新日:2013年3月20日

不法投棄の防止について

不法投棄とは

山間部や、河川、海岸、空き地などに使われなくなったテレビやエアコンなどの家電製品、家具、空き缶やたばこなどが捨てられていることがあります。法律や条例で定められた処分方法、決められた場所や分別方法以外でごみを捨てることを「不法投棄」といいます。

不法投棄は、地域の景観を壊します。それだけでなく、ごみから出る有害物質が、土壌や水源を汚染したり、悪臭を発生したりするなどの原因になることもあります。

奄美市は、県や警察と連携をとり、監視パトロールや監視カメラの設置をするなど取り組んでいます。しかし、依然として不法投棄は無くなりません。皆さんのご理解とご協力で不法投棄を根絶し、美しい奄美の自然・景観を守りましょう。

不法投棄は重大な犯罪です!!

不法投棄を行うと、「5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金、またはその両方(法人の場合は3億円以下)」という厳しい罰則が科せられます。必ずごみの排出のルールを守りましょう。(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条)

不法投棄から自らの土地・建物を守りましょう

不法投棄をしたものが判明しない場合、土地・建物の管理者が処理しなければなりません。このようなことを防ぐためにも、

  • こまめに土地の草を刈る
  • 自動車が入らないよう柵をする
  • 定期的に見回りをする

など管理をし、目を行き届かせましょう。

不法投棄をみかけたら

不法投棄を見かけたら、下記の各問い合わせ窓口もしくは最寄りの警察署までご連絡をお願いいたします。

その際、

  • 発生日時
  • 発生場所
  • 運んでいる人物や車両のナンバー

などがわかりましたら、わかる範囲で結構ですので、よろしくお願いいたします。

ごみを減らし、分別をしっかりして、不法投棄の防止に努め、自然豊かな奄美の環境を守りましょう。

不法投棄の状況1 不法投棄の状況2

【不法投棄の状況】

問い合わせ窓口

名瀬総合支所:環境対策課:0997-52-1111
住用総合支所:市民福祉課:0997-69-2111
笠利総合支所:市民課:0997-63-1111
奄美警察署:0997-53-0110

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001