• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > 教育・文化 > 教育 > 就学すべき学校の変更について(校区外就学)

ここから本文です。

更新日:2016年1月20日

就学すべき学校の変更について(校区外就学)

奄美市教育委員会では、あらかじめ各学校ごとに通学区域(校区)を設定し、児童・生徒の就学すべき学校を住民票に基づき指定しています。

基本的には、指定された学校への就学となりますが、特別な理由がある場合(下記の指定学校変更申立認可事項に該当する場合)は、保護者の申請により就学する学校を変更することができます。

指定学校変更事務取扱要領

奄美市教育委員会

  • 1.学校教育法施行令(昭和28年政令第340号)第8条の規定による指定学校の変更認定は、この要領によるものとする。
  • 2.指定学校の変更は、「指定学校変更申立書」と「必要な関係書類」を教育委員会に提出しなければならない。
  • 3.教育委員会は「指定学校変更申立書」が変更基準に相当すると認められるときは、指定学校を変更することができる。
  • 4.教育委員会が指定学校の変更を認可するのは、「別表」に定める範囲内であり、別表の6項及び7項の適用については、あくまでも客観的に相当な理由があると予測される場合に限るものとする。
  • 5.保護者の申出が事実に相違した場合は、教育委員会はこれを取消し、あらためて就学するべき学校を指定するものとする。なお、本要領は、原則として奄美市に保護者が居住しているものに限り適用する。
  • 6.この要領に定めるものの他必要な事項は、その都度教育委員会が定めるものとする。

附則

本要領は平成18年3月20日から適用する。

指定学校変更申立認可事項

平成18年3月20日

区分

種類

認可事項

添付書類

認可期限

1

最終学年

小学校5、6年生、中学校1、2、3年生で、学年途中で転居し、通学に支障のない場合

 

卒業まで

2

学期途中

学期途中に転居し、通学に支障のない場合

 

学期末まで

3

転居予定

住宅の新築、改築又は転居予定のため、事前に転居先の学校に通学する場合

建築確認書
売買契約書
賃貸借契約書

学期間程度

4

帰宅時保護者不在

保護者が共働きのため、下校後家庭に保護監督者がいない小学校4年生までの児童の場合

保護者の勤務証明書
預かり先証明書

4年生まで

5

特殊学級
(特別支援学級)

指定学校に特殊学級(特別支援学級)がなく、最寄りの学校の特殊学級(特別支援学級)に通学する場合

 

卒業まで

6

身体的理由

身体虚弱により、指定学校への通学が困難な場合

医師の診断書
必要な書類

1年更新

7

特殊事情

その他、不登校やいじめ、規制緩和等、やむを得ない事情がある場合

必要な書類

その期間

申立手続き

  • 奄美市教育委員会学校教育課(奄美市役所別館2階)で申立を行ってください。(所定の様式がありますので、印鑑をご持参ください。)
  • 申立理由により添付書類が異なります。上記の表を参考にしてください。

 

就学すべき学校の指定の変更について(申立て)(PDF:17KB)

勤務証明書(PDF:23KB)

児童預かり証(PDF:30KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会学校教育課

894-0026 奄美市名瀬港町13-1

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-53-9501