• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > 教育・文化 > 教育 > 学校施設の耐震化

ここから本文です。

更新日:2015年2月17日

学校施設の耐震化

学校施設は、児童生徒等が一日の大半を過ごす活動の場でもあり、非常災害時には地域住民の応急避難場所としての役割も果たすことから、その安全性の確保は極めて重要です。

学校施設の耐震化は、国を挙げての急務とされており、奄美市としましても、施設整備につきましては安全性や各地域の均衡を図りながら、これまで順次計画的に進めてまいりました。

平成20年6月に、地震防災特別措置法が改正され、公立の幼稚園、小・中学校の建物の耐震診断結果を公表することが義務付けられましたので、これまで実施した耐震診断の結果を公表いたします。

今後も、学校施設について広く情報を公開して、市民の皆様に学校施設の耐震化の重要性を認識いただきながら、未整備な建物に対して安全・安心な学校づくりのため、速やかに耐震化が図られるよう努めてまいります。

  • 旧耐震建物・・・昭和56年以前に建築した校舎等で建築基準法上、旧耐震基準(震度5強に耐えうる)に適合したもの。→耐震診断を実施し、安全性が確保出来ない建物については補強を行う。
  • 新耐震建物・・・昭和57年以降に建築した校舎等で建築基準法上、新耐震基準(震度6強に耐えうる)に適合しているもの。

耐震化率とは・・・非木造で1棟の面積が200平方メートル以上もしくは2階建て以上の全ての建物に対し、地震に対する安全性が確保されている建物の割合を示すもの。

奄美市における学校施設耐震化状況

区分

学校数

全棟数・A

耐震性あり・B

要整備

耐震化率B/A

幼稚園

4

4

3

1

75.00%

小学校

21

68

64

4

94.12%

中学校

12

38

37

1

97.37%

37

110

104

6

94.55%

注)学校数:小中学校(併設校5校を含む)

奄美市の平成27年2月1日の耐震化率:94.55%

104棟/110棟(幼・小中学校)

奄美市の平成27年2月1日の耐震診断率100%

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会総務課

894-0026 奄美市名瀬港町13-1

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-53-9501