本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 生活環境 > EVをもっと身近に!/電気自動車活用事例創発事業

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

EVをもっと身近に!/電気自動車活用事例創発事業

電気自動車e-NV200

奄美市では、日産自動車株式会社「EVをもっと身近に!電気自動車活用事例創発事業」により、電気自動車e-NV200が3年間無償で貸与されました。

今回無償貸与された電気自動車e-NV200は、排気ガスを出さず、荷物の積載量も多く、移動手段のみならず蓄電池としても利用することができます。

奄美市では、

  1. 世界自然遺産候補地として、山中における環境教育の実施。
  2. 野生生物の保護パトロール、観察会及び生息調査等における活用。
  3. 近年来航数が増えている大型クルーズ客船や、2010年から毎年秋季キャンプを開催いただいている横浜DeNAベイスターズ等の歓迎セレモニー等での活用。
  4. 台風等の自然災害が多発する地域であることから、災害時の電気の備蓄や緊急車両としての活用。

をはじめとして、電気自動車の持つ特色を活かした活用を考えております。

平成29年度奄美市防災訓練

8月27日(日曜日)に行われた奄美市防災訓練において、e-NV200が電源供給を行いました。
訓練には約2400人が参加し、奄美大島近海でマグニチュード8.2の地震が発生し、その後津波が襲来するとの想定のもと、警察、消防、海上保安部、県立大島病院等の関係機関が災害発生から対応の一連の流れの確認や、市民のみなさまによる避難訓練や炊き出し訓練などが行われました。
e-NV200は、市、警察、消防、海上保安部などが合同訓練を行った観光船バースの現地本部へ必要な電力を供給し、訓練の援助を行うとともに、電力消費量と供給可能時間を確認しました。

奄美市防災訓練(電源供給)

平成29年度奄美市防災訓練(電源供給中)

 

平成29年度奄美市防災訓練(巡視船あまぎと巡視船かいもん)

平成29年度奄美市防災訓練(海保と県警機動隊の協力による避難者搬送訓練)

平成29年度奄美市防災訓練(消防とドクターヘリによる傷病者の搬送訓練)

平成29年度奄美市防災訓練(巡視船あまぎによる放水訓練)

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001

ページトップ