• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ホーム > 教育・文化 > 文化財保護の充実 > 文化財 > 歴史文化基本構想

ここから本文です。

更新日:2013年4月26日

歴史文化基本構想

奄美市の歴史文化基本構想について

文化庁が進めている「歴史文化基本構想」とは、地域に存在する文化財を、指定・未指定にかかわらず幅広く捉えて、的確に把握し、文化財をその周辺環境まで含めて、総合的に保存・活用するための構想であり、地方公共団体が文化財保護行政を進めるための基本的な構想となるものです。

「歴史文化基本構想」の取り組みを進めるために、文化庁は全国20地区限定で「文化財総合把握モデル事業」の公募を行い、宇検村・伊仙町・奄美市の3市町村は、奄美群島における広域連携を意図しながら共同で応募しました。

その結果、全国20地区の一つとして採択が決定、平成20年度から3ヶ年にわたり、宇検村・伊仙町・奄美市における文化財の総合的な把握と、それら文化財の適切な保存・活用を推進するための「歴史文化基本構想」のモデル策定に取り組んできました。

宇検村・伊仙町・奄美市における取り組みは、特に以下の4点に特色があり、注目されています。

  1. 奄美群島12市町村の連携を視野に入れて、広域市町村圏における取り組みに配慮しながら進めた。
  2. 特定の時代に限定せず、各時代における通時的な文化財の掘り起しを実施した。
  3. 沖縄とも鹿児島とも異なる奄美群島固有の文化財の価値や位置づけを明確にした。
  4. 専門委員会に、環境、観光、都市計画等の広い分野の専門家が参加した。

以下のPDF資料で、平成22年度に策定した宇検村・伊仙町・奄美市の「歴史文化基本構想」について閲覧できます。

奄美市・宇検村・伊仙町歴史文化基本構想(PDF:7,749KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会文化財課

894-0036 奄美市名瀬長浜町517

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-53-6206