本文へスキップします。

総合トップ > 市政情報 > 官民連携の取組 > 奄美版SDGsの取り組み

ここから本文です。

更新日:2023年1月31日

奄美版SDGsの取り組み

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)「持続可能な開発目標」は、誰一人取り残さない持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。
2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

アイコン
持続可能な開発目標(SDGs)と日本の取組(外部リンク)

SDGsの達成に向けて

2019年9月に開催された「SDGsサミット」で、グテーレス国連事務総長は、「取組は進展したが、達成状況には偏りや遅れがあり、あるべき姿からはほど遠く、今、取組を拡大・加速しなければならない。2030年までをSDGs達成に向けた『行動の10年』とする必要がある」とSDGsの進捗に危機感を表明しました。
2020年、新型コロナウイルス感染症が地球規模で拡大したことからも明らかなように、グローバル化が進んだ現代においては、国境を越えて影響を及ぼす課題に、より一層、国際社会が団結して取り組む必要があります。
SDGs達成に向けた道のりは決して明るいものではありません。だからこそ、「行動の10年」に突入した今、私たち一人ひとりにできることをしっかりと考え、一歩踏み出す姿勢が求められています。

奄美市SDGs推進プラットフォームについて

プラットフォームロゴ

 

 

 

設立の目的

SDGsの推進に向けた、地域住民・企業・行政等による幅広い活動において、SDGsに関連する活動に取り組む会員相互の情報交換や交流、各種事業の導入検討を通じて、持続可能な社会の構築に向けた奄美らしい活動や高い社会的価値を生み出す活動の活性化を目的とする。
奄美大島は令和3年度に世界自然遺産に登録され、世界からも注目を受ける中、すべての国に適用される持続可能な開発目標を奄美においても周知、浸透させていくことを目的として活動を行っていく。

奄美市SDGs推進プラットフォームチラシ(PDF:623KB)

取り組み内容

  1. 会員の交流・連携
    (1)意見交換・事例紹介の場の提供
    (2)会員相互のマッチングによるパートナーシップの構築
    (3)講演会の開催及びワークショップ等の開催
  2. 奄美版SDGsの情報発信
    (1)奄美版SDGsの創設(新たな目標の追加検討)
    (2)プラットフォームの活動紹介
    (3)会員の取り組み事例の紹介
    (4)優良事例紹介及び表彰制度の検討
  3. SDGsの将来構想の検討
    (1)「SDGs未来都市」の検討
    (2)「SDGsモデル事業」の検討・導入
    (3)プラットフォームの広域展開へ向けた検討

会員に関すること

  1. 会員:プラットフォームの目的に賛同し、奄美市を活動拠点とする企業、団体、個人または、奄美市外であって賛助会員として会長が認めた者
  2. 会費:会費は無料とする。
  3. 会員区分:企業(団体)、個人、賛助会員
  4. 会員情報:ホームページにて会員の情報を公開し、市内企業及び市民へのSDGs普及啓発を行うとともに会員相互の情報交換を行う。

入会申し込み

  1. 1.申し込み方法
    入会フォームに必要事項を記入し、送信ください。
    入会申込フォーム(外部リンク)
  2. ホームページへの掲載
    「企業名(個人名)」、「SDGsに関する活動概要」、「持続可能な開発目標」については、ホームページでの掲載の可否を確認のうえ、ホームページに掲載いたします。
    掲載内容は広報紙等で周知のために転載させていただくことがあります。
  3. 会員情報の保護
    会員情報の個人情報に関する部分につきましては、法令に基づく開示請求を除き第3者への提供は行いません。
  4. その他
    その他ご不明な点は、お問い合わせ先までご連絡ください。

あまみSDGs推進パートナー登録者紹介

奄美市SDGs推進プラットフォーム総会の開催

プラットフォーム総会を開催し、各種報告事項のほかに、SDGs未来都市計画の内容協議やワークショップを通じた会員交流も行います。
なお、SDGsに取り組み、会員加入を検討されている方も参加可能ですのでお気軽にご参加ください。

1.日時:令和5年2月11日(土曜日)
2.場所:奄美市役所名瀬総合支所6階中会議室
3.内容:
1.報告事項
・奄美市SDGs推進プラットフォーム運営要綱について
・奄美市SDGs推進プラットフォーム登録会員紹介
・あまみSDGsアクションプラン(奄美市が取り組む計画)
2.議事事項
(1)副会長の選任について
(2)2023年度事業計画について
(3)2023年度SDGs未来都市計画提案について

開催案内(PDF:714KB)

「未来をひらく奄美SDGsフェスタ」

令和4年9月25日(日曜日)開催「未来をひらく奄美SDGsフェスタ」の報告(PDF:1,392KB)

身近に感じるSDGsの一コマ(写真)募集~みんなで考えよう奄美市のSDGs~

奄美市は世界自然遺産登録地として、SDGs推進都市として、「持続可能なシマづくり」を目指しております。そこで、皆様の日々の暮らしの中でSDGsを意識するきっかけづくりとして、SDGsに取り組んでいることが分かる写真、自分の身近にSDGsを感じる写真を募集します。
なお、投稿いただきました写真は、個人情報を掲載せずにホームページで紹介したり、奄美市SDGs推進プラットフォームが作成するチラシやSNSで使用させていただくことがあります。

応募チラシ(PDF:630KB)

申し込みフォーム(外部リンク)

投稿いただいた写真を掲載しています。(PDF:1,251KB)

令和4年度「持続可能なシマづくり奄美市SDGsポスターコンクール」開催

SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、2015年9月の国連サミットで採択された、「誰一人取り残さない持続可能でより良い社会の実現を目指す」世界共通の目標であり、本市としてもSDGs推進を図ってまいります。そのため、SDGsへの関心が子供たちから家庭、そして地域へ広がることを目指すとともに、SDGsへの教育を推進することを目的に、市内の小学校、中学校の児童生徒からSDGsについてのポスターを募集し、優秀作品を表彰するとともに、ホームページ等に掲載し広く市民に啓発を行います。

応募要領(PDF:189KB)

入賞者一覧

奄美市SDGs推進プラットフォームのSNS情報

お問い合わせ先

 奄美市総務部プロジェクト推進課プラットフォームロゴ
 官民連携推進室
 〒894-8555奄美市名瀬幸町25番8号
 電話番号:0997-69-3186
 E-Mail:ppp@city.amami.lg.jp

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部プロジェクト推進課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001

ページトップ