本文へスキップします。

総合トップ > 教育・文化 > 教育 > 学校施設の耐震化

ここから本文です。

更新日:2019年12月4日

学校施設の耐震化

平成20年6月に改正された地震防災特別措置法に基づき、公立の幼稚園、小・中学校の建物の耐震診断結果を公表いたします。

奄美市では計画的に耐震化を図り、使用中の建物としては、平成28年10月に金久中学校体育館を改築したことで、耐震化率は100%となりました。また、使用禁止としておりました笠利中学校武道館は、令和元年10月に解体を行いました。

学校施設は、児童生徒の学習の場であることを第一としながらも、放課後の学童保育での活用や、地域と連携したスポーツ活動や交流活動などの拠点となっております。また、災害時の避難所としての役割を担うなど、施設の安全確保は重要です。

今後も計画的な改修等により、安全で快適な施設整備を進めて参ります。

奄美市における学校施設耐震化状況

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会総務課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-53-9501

ページトップ