本文へスキップします。

総合トップ > 観光・産業 > 産業支援 > 創業・ベンチャー > 奄美市創業支援事業計画

ここから本文です。

更新日:2019年8月23日

奄美市創業支援事業計画

奄美市創業支援事業計画とあまみ創業塾受講者募集のお知らせ

本市では、平成26年1月に施行された「産業競争力強化法」に基づき、地域の創業を促進する施策として「創業支援事業計画」を策定し、平成27年5月に国からの認定を受けました。

本市では、創業支援事業者(奄美大島商工会議所、あまみ商工会、奄美群島振興開発基金)と連携して「奄美市創業支援センター」を設置し、相談窓口での個別相談や創業セミナーの開催等を実施してまいります。

特定創業支援事業「あまみ創業塾」

創業支援事業計画のうち、特に「経営・財務・人材育成・販路開拓の知識を全て習得できるような継続的な支援を行う事業」を、「特定創業支援事業」と位置づけています。本市では「あまみ創業塾」として講座を実施いたします。

特定創業支援事業「あまみ創業塾」を受講された方は、本市が発行する証明書により、創業時・創業後に様々なメリットを受けることができます。

令和元年度「あまみ創業塾」の開催内容

令和元年度は、7月から8月にかけて全9回講座を開催いたします。詳細は下記をご参照ください。詳細が決まっていないものについては、決まり次第、随時更新いたします。

講座

主催

日程

内容

販路開拓

あまみ商工会

7月13日(土曜日)18時から21時まで

お客様を見つけることが創業の最大の鍵~「知られるため」の自分らしい創業プロモーション~

7月14日(日曜日)9時から12時まで 創業期こそインターネット活用!~創業時に知っておくと超得する知識~

経営

奄美大島商工会議所

7月23日(火曜日)19時から21時まで

経営計画作成セミナー

7月24日(水曜日)19時から21時まで

7月25日(木曜日)19時から21時まで

人材育成

奄美市商工情報課

8月9日(金曜日)19時から21時まで 人事労務管理セミナー

8月10日(土曜日)18時から19時半まで

先輩に学ぶ創業の秘訣

財務

奄美群島振興開発基金

8月23日(金曜日)18時半から20時半まで

創業プランの作り方ほか

~創業プランを作って、あなたの計画を「見える化」しましょう~

8月24日(土曜日)18時から20時まで

1.独立開業にあたっての準備、心構え、開業後の気づきなど

(講師)

鹿児島県よろず支援拠点

寳園純一氏

2.日本政策金融公庫による融資等のご案内

受講を希望される方は、受講申込書に必要事項をご記入の上、下記お問合せ先までメール又はFAXにてお申込ください。お申込は、あまみ創業塾終了日まで随時受け付けます。

【会場】あまみ働き方ラボ(産業支援センター2階)
住所:奄美市名瀬浦上町48-1(ページ下部に地図を掲載しています。)

【お問い合わせ先】奄美市商工観光部商工情報課情報労政係
TEL:52-1111(内線5303)FAX:52-1359メールアドレス:ict@city.amami.lg.jp

特定創業支援を受けるメリット(利点)

「あまみ創業塾」を受講し、本市から証明書の発行を受けた場合、以下のメリットを受けることができます。

ただし、それぞれ条件や審査等があり、証明書を発行された方全員がメリットを受けられるわけではありません。

メリット

内容

1.会社設立時の登録免許税の減免

創業を行おうとする方又は創業後5年未満の個人が会社を設立する際、登記に係る登録免許税が軽減されます。

【証明書(原本)の提出先:法務局】

特定創業支援事業により支援を受けた方のうち、会社設立後の方が組織変更を行う場合は、登録免許税の軽減措置を受けることができません。

本市が交付する証明書をもって、他の市区町村で創業する場合又は会社を設立する場合には、登録免許税の軽減措置を受けることができません。

2.創業関連保証の特例

通常、創業2か月前から対象となる無担保、第三者保証人なしの創業関連保証を、事業開始の6か月前から受けることができます(別途審査を受ける必要があります)。

【証明書(写し可)の提出先:信用保証協会または金融機関】

本市が交付する証明書をもって、他の市区町村で創業する場合であっても、創業関連保証の特例を活用することができます。

3.日本政策金融公庫
新創業融資制度の自己資金要件充足

新創業融資制度の自己資金要件を充足したものとして、利用することができます(別途審査を受ける必要があります)。

創業前又は創業後税務申告を2期終えていない事業者が対象となります。

4.日本政策金融公庫
新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ

新規開業支援資金の貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することができます(別途審査を受ける必要があります)。

上記のメリットは、証明書以外にも必要な書類があります。詳しくは、提出先までお問合せください。

メリットを受ける方法(受講証明書の交付)

本市が発行する証明書が必要です。流れは下記のとおりです。

  1. 特定創業支援事業「あまみ創業塾」を全9回受講する。
  2. 特定創業支援事業により支援を受けたことの証明に関する申請書を提出する。
  3. 本市から証明書を受け取る。
  4. 証明書をはじめとする書類を各種窓口に提出して、各種支援制度(メリット)の手続きを行う。

【提出書類】

特定創業支援事業により支援を受けたことの証明に関する申請書2部(両面印刷)

【提出方法・提出先】

下記提出先に郵送あるいは直接お持ちください。

〒894-8555奄美市名瀬幸町25-8
奄美市商工観光部商工情報課情報労政係

注記1:証明書発行の費用は無料ですが、即日発行ではありませんので、日にちに余裕をもって申請してください。郵送での交付を希望される方は、返信用封筒(宛先記入、切手貼付したもの)を申請時にご提出ください。

注記2:申請書は令和2年3月13日(金曜日)までに提出してください。

注記3:証明書の有効期限は、以下のうち先に到来する日とします。

  • 令和2年3月31日
  • 創業後の方については、税務署受付印が押印された開業届に記載されている開業日から5年を経過する日

注記4:受講された方は、後日、市から創業に関するアンケート(電話・郵送等)をさせていただきます。

「あまみ創業塾」を受講された創業者のご紹介

「あまみ創業塾」を受講し、本市より証明を受けた方で、現在事業を行っている方をご紹介します。

平成30年度第二次補正予算「小規模事業者持続化補助金」について

・公募期間

商工会議所の管轄地域(受付期間は平成31年4月25日から令和元年6月12日まで

商工会の管轄地域(受付期間は令和元年5月22日から、1次締め切りが令和元年6月28日、2次締め切りが令和元年7月31日)

中小企業庁が実施する「平成30年度第二次補正予算小規模事業者持続化補助金」の申請に際して、本市で創業される方は、「あまみ創業塾」を受講した確認書を提出する必要があります。
平成28年度から平成30年度のあまみ創業塾を受けた方が対象となりますので、必要な方は「平成30年度第二次補正予算小規模事業者持続化補助金」の詳細を中小企業庁のホームページでご覧になり、必要書類を商工情報課に郵送又はご持参ください。

創業支援関連ウェブサイトリンク

【会場】あまみ働き方ラボ(産業支援センター2階)

住所:奄美市名瀬浦上町48-1

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光部商工情報課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1359

ページトップ