本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

宇宿貝塚史跡公園

宇宿貝塚は縄文時代前期から中世にいたる複合遺跡で、縄文時代晩期終末頃の竪穴住居跡や土器、石器、骨角器、中世の埋葬跡などが発掘されました。1986年(昭和61年)10月7日に奄美で初めての国指定史跡となり、現在は宇宿貝塚史跡公園として整備され、建物内には発掘調査の跡がそのまま残されています。

利用案内

名称:宇宿貝塚史跡公園
位置:笠利町大字宇宿2301
電話:0997-63-0054
開館:平成16年2月

開館時間

開館時間は下記のとおりです。

(午前)9時00分~12時00分

(午後)13時00~17時00分(ただし入館は16時30分まで)

休館日:毎週月曜日、祝祭日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)

入館料

区分

料金

一般

200円

高校生・大学生

100円

小中学生

50円

歴史民俗資料館との共通券

大人のみ

310円

入館料の減免

  • 障がい者およびその付添人1名の方が利用する場合。

受付にて「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者手帳」等をご提示いただくと入館料が無料となります。

  • 奄美市内小学校の児童もしくは中学校の生徒またはそれらの引率者が、授業や遠足など学習活動の一環として利用する場合。

事前に観覧料減免申請書を奄美市教育委員会文化財課へご提出ください。(学習活動の内容確認ができる書類(計画書など)も合わせてご提出ください。)

交通アクセス

奄美空港より車で5分

歴史民俗資料館より車で5分、徒歩30分

市街地より車で50分

お問い合わせ

教育委員会文化財課

894-0036 奄美市名瀬長浜町517

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-53-6206

ページトップ