本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 新型コロナ感染症対策トップ

ここから本文です。

更新日:2022年9月21日

新型コロナ感染症対策トップ

現在の奄美大島の警戒レベルは5段階中の「4」です

奄美大島新型コロナ対策本部会議においては、現下の奄美大島における状況について、新規の感染者数については未だ予断を許すものではないものの、一定の落ち着きをみせ、医療提供体制についても危機的な状況は脱したものと判断し、9月21日からレベルを「5」から「4」に引き下げました。

住民の皆様におかれましては、改めまして、ワクチン接種への積極的なご協力はもとより、今後も「うつらない」「うつさない」行動を徹底していただき、ご自身と大切な人を守る取組を続けてくださいますようお願い申し上げます。(警戒レベル詳細

対象別新型コロナ感染対策チェックリスト

「乳幼児」「高齢者」「基礎疾患のある方」を感染から守るためのチェックリストです。ぜひご活用のうえ、改めてご自身の感染対策を確認していただきますようお願いします(画像をクリックすると拡大します)。

対象別コロナ感染対策チェックリスト(JPG:607KB)

臨時発熱外来の受診の際の注意事項

  1. 必ず、事前に電話相談のうえ、受診してください。
  2. 「抗原定性検査」を行う場合、症状が出てから24時間以上経過しないと、「偽陰性」の可能性があります。発熱があっても食事や水分補給ができていたら、24時間後の診療時間内の検査受診をお願いします
    *乳幼児や高齢者の場合は、この限りではありませんので医療機関へご相談ください。

島の暮らしと医療を守るために

医療機関へのひっ迫を軽減するために、下記の点についてご協力をお願いいたします。
[5市町村共同メッセージ(PDF)より抜粋]

  • 軽症の方は極力平日・日中の受診をお願いします。
  • 無症状の方の検査目的の受診を控えるなど、医療機関に負荷をかけないご協力をお願いします。
  • 帰省などで高齢の親族等と会う場合は、来島前の無料PCR検査等の活用にご協力ください。
  • 会話をする際のマスク着用や手指消毒、換気など基本的な対策の徹底をお願いします。
  • ワクチン接種のご協力をお願いします。

【コロナかも?と思ったら…先に電話で相談を!】

発熱・咳・のどの痛み等の症状がある方は、「かかりつけ医」またはお近くの医療機関へ先に電話でご相談のうえ、なるべく平日昼間(診療時間内)の受診をお願いします。
相談先に迷う場合は、「受診・相談センター」(0997-52-5411)まで

来島を予定している皆様へ(現状を考慮したうえでお越しください)

現在、奄美大島でも受診者が急増している現状に加え、観光や仕事で島を訪れている方が新型コロナにり患すると移動手段や宿泊先で苦慮することが多く、課題となっています。
移動前から体調を整えたうえで無理をせず、症状が出た場合は住民と同様に、お近くの医療機関まで先に電話でご相談ください

改めて皆様へのお願い

市民並びにご来島の皆様におきましては、下記の点についてご留意いだだき、生活のあらゆる場面におきまして、常に「うつらない」「うつさない」行動を心がけてくださいますようお願いいたします。

  1. 出発地又は旅行先でのPCR検査等受検のご協力
    感染に不安を感じる無症状の方(鹿児島県民)のPCR検査です。ご活用ください。
  2. マスク会食の徹底及び第三者認証店のご利用
    県が認証し、県民の皆様により安心してお店を利用していただくための制度です。
  3. 積極的なワクチン接種へのご協力
    接種へのご協力をよろしくお願いいたします。→詳細はリンク先へ

関連ページ及びリンク先

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部企画調整課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001

ページトップ