本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 自然環境 > 飼い猫の避妊・去勢手術に対する助成について

ここから本文です。

更新日:2019年9月26日

飼い猫の避妊・去勢手術に対する助成について

現在、奄美大島では、野良猫が多く、増えすぎていることが問題となっています。

野良猫が増えてしまった大きな原因は、猫を飼っている方が、避妊・去勢手術をせず、屋外に出して飼ってしまっていたことです。猫は繁殖力が高く、雌は早い子だと4ヶ月くらいで妊娠をしてしまいます。

「まだいいかな…」と思っていると、すぐに何十匹にも増えてしまうので、飼うことを決めたら、すぐに動物病院へ連れて行き、早めに手術をしましょう。(やむ得なく屋外へ出してしまう方は、手術を済ませることが義務化されています。)

下記の通り、手術費用の一部助成をしています。

ぜひお申し込みください。

支援内容

  • オス5,000円/匹
  • メス10,000円/匹

支援の認定要件

飼い猫の避妊・去勢手術の対する支援を受けるために、次のいずれの要件にも該当していること。

飼い主の要件

  1. 奄美市内に移住している者
  2. 市税その他の本市に納付すべき債務を滞納していない者

飼い猫の要件

  1. 条例に基づき、奄美市に飼い猫登録されている飼い猫
  2. 獣医師が手術可能と認めた飼い猫

手続きの方法

窓口

  • 名瀬地区:環境対策課(名瀬総合支所3階)
  • 住用地区:市民福祉課(住用総合支所2階)
  • 笠利地区:市民課(笠利総合支所1階)

提出書類

手続きの流れ

申請書に必要事項を記入の上、

  1. 各総合支所の担当窓口に提出
  2. 税・上下水道等の滞納がないか各課で申請書を確認・判定
  3. 市から飼い主の方へ判定結果の通知
  4. 認定された飼い主の方は認定通知書を持参して手術

(飼い主の方は、手術代金から支援額を控除した残額をお支払いすることになります。)

支援を希望される方へ

書類の提出方法は、窓口への持参のみとなります。それ以外の書類提出はお受けできません。

予定頭数に達した場合、期間内でも受付を終了させていただきます。受付の状況については、事前に各支所の担当課までお問合せください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部環境対策課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001

住用総合支所市民福祉課

894-1292 奄美市住用町西仲間111

電話番号:0997-69-2111

ファックス:0997-69-2701

笠利総合支所市民課

894-0595 奄美市笠利町中金久141

電話番号:0997-63-1111

ファックス:0997-63-2440

ページトップ