本文へスキップします。

総合トップ > 市政情報 > 奄美市ふるさと納税 > 企業版ふるさと納税

ここから本文です。

更新日:2021年9月16日

企業版ふるさと納税

制度の概要

企業の皆様が、寄附を通じて、地方公共団体の行う地方創生の取り組みを応援した場合に、税制上の優遇措置が受けられる仕組みです。

(※)制度の詳細については、内閣府地方創生推進事務局のポータルサイトをご覧ください。

企業にとってのメリット

  • 社会貢献(企業としてのPR効果)【SDGsの達成等】
  • 本市とのパートナーシップの構築
  • 地域資源などを生かした新事業展開

制度活用にあたっての留意事項

  • 1回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
    例)寄附の見返りとして補助金を受け取る。有利な利率で貸付をしてもらう。
  • 本社が奄美市に所在する場合の寄附については、本制度の対象となりません。
    この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所または事業所」を指します。

寄附の方法

寄附のお手続きは、以下のとおりでございます。
寄附をご検討いただいている企業の皆様は、事前にプロジェクト推進課にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

  1. 寄附申出書(ワード:14KB)を市へご提出ください(随時受付)。
  2. 企業のご希望を踏まえて、寄附対象事業を決定します。
  3. 企業から市へ寄附金を納付。
  4. 市は入金を確認後、企業へ寄附金の受領証を送付します。
  5. 企業は受領証を添えて税の申告手続きをお願いいたします。

 

企業版ふるさと納税パンフレット(PDF:877KB)

 

kigyo01

kigyo02

 

奄美の動物たちを交通事故から守ろうプロジェクト

奄美大島は、2021年7月26日に希少な生き物の宝庫として世界自然遺産に登録されました。
しかし、近年森の中での車両通行が多くなり、国の特別天然記念物アマミノクロウサギの交通事故(ロードキル)が増えており、2020年には過去最多の50件となり喫緊の課題となっております。

希少動物の安全を守りながら観光客を受け入れるため、10月29日よりアマミノクロウサギの観察スポットとして知られる市道三太郎線周辺において、「事前予約制での通行」「時速10km以下」などの夜間利用ルールの試行が開始されます。

奄美市では、その体制強化を目的とした下記の事業を実施し、奄美の自然環境の保全に関心の高い企業の皆様からの受け皿として企業版ふるさと納税の募集を行っております。

 

本プロジェクトへのご寄附は、寄附申出書(ワード:14KB)に必要事項を記入し、支援事業欄の「奄美の動物たちを交通事故から守ろうプロジェクト」に○をつけて、ご提出をお願いいたします。

 

あまみの動物たちを交通事故から守ろうプロジェクト(PDF:1,189KB)

amamishi_kigyouban_pj

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部プロジェクト推進課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1001

ページトップ