本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 上下水道 > 検針・漏水・水道メーター取替について

ここから本文です。

更新日:2021年4月13日

検針・漏水・水道メーター取替について

メーターの検針について

水の使用量はメーターに記録されます。

奄美市では、毎月上下水道をご利用の皆様の各ご家庭や事業所にお伺いし、水道メーターの検針を行っています。

検針協力のお願い

  • メーターボックスの上に物を置いたり、車を停めたりしないでください。
  • 犬は放し飼いにせず、出入り口やメーターボックスから離してつないでおいてください。
  • 地域ごとに検針基準日を設けてあります。
    門扉にも鍵をかける方は、基準日前後はご配慮ください。

漏水について

パイロットマークの位置

漏水は思わぬ出費を招きます。次の方法で、ときどき点検を行ってください。

蛇口などを全て閉めて、メーターの「パイロットマーク」をしばらく見ます。
回転していれば漏水と思われます。(上図を参照)

蛇口や水洗便所などからの漏水は、水資源のむだになるばかりでなく、水道料金の負担も大きくなります。

わずかな漏水でも、早目に修理しましょう。奄美市指定給水装置工事事業者(令和3年3月10日現在)(PDF:46KB)に修理を依頼してください。

漏水の応急手当

修理が終わるまで、とりあえず止水栓を右に回して、水を止めてください。
止水栓はメーターボックスの中か道路と宅地の境にあります。

道路での漏水を見つけたときは

事故や二次災害を防止するために、道路漏水を発見したときはすぐに連絡してくださいますようご協力ください。

水道メーターの取替について

水道メーターは、計量法に基づき有効期限が8年となっており、水道担当課では有効期間内に取替を行っています。取替作業は水道担当課が委託した奄美市給水装置工事事業者(上記に添付)が行いますので、ご協力ください。

注)この水道メーター取替作業で代金をいただくことはございません。

取替時には、奄美市給水装置工事事業者がお伺いし、15分程度の断水をして取替作業を行います。
作業終了後、お客様に通水の確認をしていただきます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道部水道課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-53-3530

笠利総合支所建設課

894-0595 奄美市笠利町中金久141

電話番号:0997-63-1111

ページトップ