• 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language
  • 観光
  • スローライフを始める 

ここから本文です。

更新日:2017年3月7日

外国人登録

住民票・戸籍などの届出・証明(外国人登録)

日本に住む外国人の方の制度が変わります。

入国管理法などの外国人に適用される法律が改正され、平成24年(2012年)7月9日から新しい制度が開始となり、日本に住む外国人の方が行う届出の方法や場所などが変わります。

新制度の大きな変更点

1日本人と同様に住民票に登録されます。

2「住民票の写し」が交付されます。

住民登録された外国人の方は、日本人と同様に住民票の写しの交付が可能となります。

3奄美市外に引っ越すときの住所変更の手続き方法が変わります。

  • (1)市役所で転出届をして、「転出証明書」の交付を受けます。
  • (2)新住所に引っ越した日から14日以内に、新住所地の役所等で転出証明書と在留カードまたは特別永住証明書を持参して転入届をします。

4届出に際し、世帯との続柄を証明する文書が必要な場合があります。

世帯主が外国人の場合、住所変更等の届出をする際に、「世帯主との続柄を証明する文書」の提出が必要な場合があります。その文書が日本語以外で記載されている場合には、日本語の訳文も必要となります。

5外国人登録原票の内容は、法務省に開示請求をしてください。

住民票には、外国人登録原票に記載されていた平成24年7月6日以前の居住地の変更履歴や、氏名、国籍の変更履歴、また、上陸許可年月日などが記載されません。これらの情報が必要な場合は、ご本人が直接法務省に開示請求することになります。開示請求の窓口は、法務省大臣官房秘書課個人情報保護係です。
法務省大臣官房秘書課個人情報係 電話:03-3580-4111

新制度の対象となる方

日本に中長期間在留する方(中長期在留者といいます。)

適法な在留資格を有し、在留期間が3ヶ月を超える方になります。対象者には外国人登録証明書に替わり「在留カード」が交付されます。「在留カード」の更新申請および交付は、入国管理局で行います。

※新制度後の各種手続きの場所

  • 入国管理局:在留資格の変更・在留期間の更新・在留カードの更新・氏名や国籍等の変更手続き
  • 市役所:住所の変更手続き

特別永住者の方

特別永住者の方も新制度の対象となります。特別永住者の方には、外国人登録証明書に替わり「特別永住者証明書」が交付されます。「特別永住者証明書」の更新申請および交付は、市役所で行います。

※各種手続きの場所は、新制度後も今までと変わりません。住所の変更、特別永住者証明書の更新などは市役所で手続きします。

一時庇護許可者または仮滞在許可者

出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

問い合わせ窓口

名瀬総合支所:市民課 Tel:0997-52-1111
住用総合支所:市民課 Tel:0997-69-2111
笠利総合支所:市民課 Tel:0997-63-1111

お問い合わせ

市民部市民課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-1302