本文へスキップします。

総合トップ > まち・くらし > 新型コロナのワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2022年9月28日

新型コロナのワクチン接種について

ワクチン以外の新型コロナに関する情報はリンク先からご確認ください。

【更新情報】オミクロン株対応ワクチンの使用について

【更新情報】追加接種(3回目・4回目)について

【更新情報】小児用ワクチン接種(5歳~11歳)について【3回目接種更新】

【更新情報】新型コロナワクチンの電子申請のご案内(マイナンバーカード読み取り不要)

目次

新型コロナワクチン接種のご案内

予防接種証明書関係

新型コロナワクチン接種等に関するお問い合わせ

その他新型コロナワクチンに関すること

 

 

 

 

追加接種(3回目・4回目)について

国の方針に基づき、前回接種完了日から原則5か月以上経過した12歳以上の方に追加接種(3回目もしくは4回目)ができるよう、随時接種券を発送しております。

概要

  • 対象者:前回の接種を完了してから原則5か月以上経過した12歳以上の方
  • 使用ワクチン:mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン又は武田/モデルナ社ワクチン)

(※)令和4年10月からはオミクロン株対応ワクチンを使用します。

  • 接種回数:1回(無料)

(※)今後、必要に応じて見直しの可能性があります。

  1. 武田/モデルナ社ワクチンも3回目の接種に使用できます(厚生労働省)(PDF:403KB)
  2. 初回(1回目・2回目)接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫でしょうか(厚生労働省)(外部リンク)

集団接種予約

集団接種の予約は以下の2つの方法があります。郵送されている追加接種(3回目)の接種券をお持ちいただきご予約をお願いいたします。

(※)時間帯によっては、大変混み合うことがことが予想されますので、その際は時間をおいて改めておかけください。

Webでの予約方法はこちらをご覧ください↓

9月集団接種スケジュール
  1日(木曜日) 2日(金曜日) 3日(土曜日) 4日(日曜日) 5日(月曜日) 25日(日曜日) 26日(月曜日)
使用ワクチン モデルナ ファイザー モデルナ ファイザー モデルナ
接種会場 奄美ワクチンセンター1階(文化センター) 奄美ワクチンセンター2階(文化センター)
10月集団接種スケジュール

使用ワクチン:オミクロン株対応ワクチン(ファイザー社製)

  1日(土曜日) 2日(日曜日) 8日(土曜日) 10日(月曜日・祝日) 19日(水曜日) 20日(木曜日)
接種会場 奄美ワクチンセンター1階(文化センター) 奄美ワクチンセンター2階(文化センター)

個別接種実施医療機関

個別接種につきましては、実施医療機関に直接お問い合わせいただき、予約をお願いいたします。

追加接種を実施している医療機関は下記のとおりです。

個別接種実施医療機関一覧

接種券の発送時期等について

前回接種が完了した方の追加接種の時期にあわせて順次接種券を発送します。

  • 12歳以上の方には前回接種から5か月経過前後に、3回目の接種券を発送しています。(申請不要)
  • 60歳以上の方には3回目接種から5か月経過前後に、4回目の接種券を発送しています。(申請不要)
  • 12歳以上59歳以下の方で3回目接種から5か月を経過した方には令和4年10月下旬から年代別に接種券を随時発送予定です。(申請不要)

(※)初回(2回目)接種を受けていない方には、追加接種の接種券は発行できません。

(※)具体的な接種に関することは、送付予定の接種券同封チラシやホームページで随時お知らせします。

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ~新型コロナワクチン接種後の心筋炎について~

  • ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されており、特に10代・20代の男性の2回目接種後4日程度の間に多い傾向があります。
  • 武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンのほうが、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられています。

詳細については厚生労働省ホームページをご覧いただき、ワクチン接種のご判断をお願いいたします。

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(厚生労働省)

ワクチンを接種すると心筋炎や心膜炎になる人がいるというのは本当ですか。(厚生労働省)

ワクチン接種に関するお問い合わせ先

奄美市新型コロナウイルスワクチン接種推進室
電話番号:0997-69-3747(平日8時半から17時まで)

参考

追加接種(3回目接種)についてのお知らせ【厚生労働省ホームページ】(外部リンク)

追加接種(4回目接種)についてのお知らせ【厚生労働省ホームページ】(外部リンク)

小児用ワクチン接種(5歳~11歳)について

対象者には、令和4年4月に接種券を発送しております。また、5歳になった方につきましても、年齢到達時に随時接種券を発送しております。

また、3回目接種券につきましても、5か月経過する対象者に対し、随時接種券を発送いたします。【追加】

市内で接種希望する方は、現在個別接種のみとなっておりますので、下記「個別接種実施医療機関一覧」をご確認いただき、各医療機関にご予約・接種をお願いします。

概要

  • 対象:5歳以上11歳以下の方
  • 使用ワクチン:mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン(小児用))
  • 使用回数:初回接種(1回目・2回目)、追加接種(3回目)【追加】
  • 2回目の接種間隔:1回目接種から3週間以上
  • 3回目の接種間隔:2回目接種から5か月以上【追加】

(※)慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方は、あらかじかかりつけ医等とよくご相談いただき接種を検討してください。基礎疾患につきましては、日本小児科学会に掲載されておりますので、ご確認ください。

日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報(外部リンク)

小児(5歳~11歳)接種の「努力義務」の適用について

オミクロン株流行下での一定の科学的知見が得られたことから、小児(5歳~11歳)においても予防接種法の「接種勧奨」から「努力義務」の規定を適用することとなりました。ただし、接種は強制ではなく、児童や保護者の判断で接種をご検討ください。

厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aより抜粋(外部リンク)

小児(5歳~11歳)接種の追加(3回目)接種について

オミクロン株流行下で小児の重症者数が増加傾向にあること、初回接種による発症予防効果が時間の経過とともに低下することから、小児への3回目接種が推奨されています。

厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aより抜粋(外部リンク)

個別接種実施医療機関

個別接種実施医療機関一覧

その他

 

(効果・安全性など)新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省PDF:3,820KB)

3回目接種接種についてのお知らせ(厚生労働省)(PDF:620KB)

1・2回目未接種者の方へお知らせ

未接種の方(1回目のみ接種者も含む)で、コロナワクチン接種を希望される方は、現在、個別接種のみとなっておりますので、「個別接種実施医療機関一覧」をご確認いただき、各医療機関にご予約・接種をお願いします。

(12歳に到達する児童については、誕生日の前日頃に接種券が到達するよう発送いたします。同封のチラシ等をお読みいただき、接種を希望される方はご予約をお願いいたします。)

概要

  • 対象:12歳以上で、未接種の方(1回のみ接種者も含む)
  • 使用ワクチン:mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン又は武田/モデルナ社ワクチン)

(※)今後、必要に応じて見直しの可能性があります。

個別接種実施医療機関

個別接種実施医療機関一覧

その他

12歳以上の児童生徒の新型コロナワクチン接種について(PDF:549KB)

接種当日及び接種した日の注意点について

接種当日について

[1]接種券[2]予診票[3]本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、障がい者手帳等)を持ち、感染症対策に配慮し、会場にお越しください。

  • 接種券は台紙から剥がしたりちぎったりせず、そのままお持ちください。
  • 予診票は事前記入をお願いします(右上は何も貼り付けないでください)。記入で不明点等ございましたら、お近くの薬局にご相談ください。
  • 接種会場には感染予防効果の高い不織布マスクでお越しください。

接種券を紛失した方は、再発行手続きが必要になります。本人確認書類を持って市役所の健康増進課窓口までお越しください。

高校生以下の方は保護者同伴での接種をお願いします。

接種を受けるには本人の同意が必要です

ワクチン接種には本人の同意が必要です。接種を希望する市民の皆様が安心して接種を受けられるように、広報誌やホームページ等を通して情報提供を行っていきます。市民の皆様には、ワクチン接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。

ワクチン接種した日の注意点について

激しい運動や過度の飲酒は控えてください。

接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分は強くこすらないようにしましょう

  • インフルエンザ等のワクチンより痛みが強いと感じる方もいます。
  • これらの症状の大部分は接種後数日以内に回復しています。
  • 疲労や関節痛、発熱など、1回目より2回目のほうが、頻度が高くなる症状もあります。
  • 上記のような症状が続いたり、いつもと違う体の変化や異常があれば、かかりつけ医もしくは鹿児島県の専門相談窓口へご相談ください。
  • ひどい痛み・腫れ、高熱など重い症状と思われる場合は、医師の診察を受けてください。
  • ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン・イブプロフェン・ロキソプロフェンなどの種類)をご使用いただけますが、下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。
  1. 他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中の場合
  2. 薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
  3. 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合など
  • ワクチン接種後の副反応等についての相談窓口:コロナ相談かごしま
    電話番号:099-833-3221(24時間対応)※専門的な相談については10時から17時まで
 

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

住民票が奄美市にある間に新型コロナワクチンを接種した方を対象に、接種証明書を発行しています。

接種証明書のデジタル化(令和3年12月20日~)

接種証明書のデジタル化が始まります。

取得手順についてはこちら→接種証明書をスマートフォンアプリで発行できます(PDF:1,476KB)

詳細はデジタル庁ホームページ(外部リンク)

対応機種はこちら→マイナンバーカードに対応したスマートフォン(外部リンク)

接種証明書(紙)の申請・交付について

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の交付申請を、各支所窓口または電子申請にて申請をお願いします。

必要書類

  1. 交付申請書(ホームページよりダウンロードしてお持ちいただくか、窓口にてお渡しします。)
  2. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  3. 接種券(接種済証)または接種記録書(※紛失している場合は、こちらで調べますので、窓口でお伝えください。)
  4. 旅券(パスポート)(※海外用の証明書発行希望者のみ必要となります。)

(※)旅券に旧姓・別性・別名等の記載がある場合は、それらが確認できる書類(旧姓併記のマイナンバーカード、運転免許証など)も必要となります。

(※)郵送による申請の場合は、上記1~4(2~4は写し)に加え、切手を貼付した返信用封筒も必要になります。返信用封筒の住所は、本人確認書類と同じ住所・氏名を記入してください。

  • 電子申請(パソコンまたはスマートフォンから申請可能です。マイナンバーカードの読み取り不要です。)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:93KB)

転入してきた方で新型コロナワクチン接種をご希望の方

接種券の発行申請が必要になります。本人確認証をお持ちになって健康増進課窓口または電子申請にて申請をお願いします。

なお、前自治体の接種券または接種済証があれば、そちらもお持ちください。

(※)申請書様式はこちらです↓

接種券紛失等で再発行をご希望の方

接種券の再発行申請が必要になります。本人確認証をお持ちになって健康増進課窓口または電子申請にて申請をお願いします。

(※)申請書様式はこちらです↓

住所地外(奄美市民以外)の方で接種を希望される場合

集団接種会場(奄美ワクチンセンター)にてコロナワクチンの接種を希望される場合は、健康増進課窓口または電子申請にて申請を行うことで接種が可能となります。

(※)届出理由(単身赴任者、遠隔地へ下宿中の学生、里帰り出産など)が必要となります。

(※)申請時は、ご本人の接種状況がわかる『住所地の接種券(接種済証)』をお持ちください。

(※)個別医療機関にてワクチンを接種される場合、上記申請は不要となります。

(※)申請様式はこちらです↓

ワクチンの副反応及び副反応に関する問い合わせ

一般的にワクチン接種後は、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの副反応が生じる可能性があります。また、まれにアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が生じる可能性があります。ワクチン接種後は15~30分程度経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

副反応による健康被害救済について

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。そのため、救済制度が設けられており、新型コロナワクチン接種も対象となっております。必要な手続き等については、奄美市新型コロナウイルスワクチン接種推進室までお問い合わせください。

ワクチン接種後の副反応に関するお問い合わせ

コロナ相談鹿児島:099-833-3221(24時間)土日・祝含む

ワクチン接種に関するお問い合わせ

  • 奄美市ワクチン接種コールセンター(接種の予約に関することはこちら)
    電話番号:0997-52-1479(平日の9時~17時)
  • 奄美市新型コロナウイルスワクチン接種推進室(奄美市での接種に関する手続き等はこちら)
    電話番号:0997-69-3747

ワクチンの効果等に関するお問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンセンター:0120-761-770(9時から21時)土日・祝含む

オミクロン株対応ワクチンについて

これまで使用していた新型コロナウイルスワクチンは、世界で最初に流行した新型コロナウイルスの起源株をもとに開発、製造されたものです。

令和4年9月12日に薬事承認されたオミクロン株対応ワクチンにつきましては、この起源株とオミクロン株の成分を入れたワクチンとなります。従来使用していたワクチンと比べて高い重症化予防効果等が期待されることが確認されました。

本市におきましては、令和4年10月よりオミクロン株対応ワクチンを使用して、集団接種及び個別接種を実施していきます。

なお、オミクロン株対応ワクチンは、12歳以上で新型コロナワクチンの追加接種の方が対象となっております。

オミクロン株に対応した2価ワクチンの接種が開始されます(チラシ)(PDF:569KB)

オミクロン株対応ワクチンについて(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

オミクロン株対応ワクチンを接種された方へ(厚生労働省リーフレット)(PDF:703KB)

 

ワクチンの有効期限の延長について

ファイザー社ワクチンと武田/モデルナ社ワクチンの一部にて、有効期限が延長されました。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください

新型コロナワクチンの有効期限の取り扱いについて(厚生労働省)(外部リンク)

関連情報

各種様式

電子申請フォーム一覧

下記について電子申請を受付しています。(24時間受付)

なお、マイナンバーカードの読み取り不要で申請ができます。

追加接種(3回目・4回目)の接種券申請

12歳以上の方で追加接種(3回目・4回目)の接種券の発行を希望される方

https://logoform.jp/f/5Zsyr(外部リンク)

その他接種券の発行・再発行申請

転入又は接種券の再発行を希望される方
https://logoform.jp/form/3bCu/107092(外部リンク)

住所地外接種申請

本市に住所がなく、本市発行の接種券をお持ちの方で、奄美ワクチンセンター(集団接種)で接種を希望される方

https://logoform.jp/form/3bCu/107898(外部リンク)
新型コロナワクチン接種証明書 新型コロナワクチン接種証明書の発行を希望される方
https://logoform.jp/form/3bCu/97392(外部リンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

894-8555 奄美市名瀬幸町25-8

電話番号:0997-52-1111

ファックス:0997-52-7414

ページトップ